論文・学会発表


学位論文

フランカー課題による価値駆動的な注意メカニズムの検討. 2014年3月  [卒業論文: 未刊行(同志社大学):指導教員 杉尾武志教授]

課題非関連な刺激特徴と報酬の連合が価値駆動的に注意を捕捉する. 2016年3月  [修士論文: 未刊行(京都大学):指導教員 齋木潤教授]

 

論文(査読あり)

Mine, C., & Saiki, J. (2015). Task-Irrelevant Stimulus-Reward Association Induces Value-Driven Attentional Capture. Attention, Perception, & Psychophysics, 77(6), 1896-1907. doi: 10.3758/s13414-015-0894-5.PubMed】 【Springer

Mine, C., & Saiki, J. (2015). Value-driven attentional capture by task-irrelevant stimulus features. 基礎心理学研究, 34(1), 199-200. (優秀発表賞抄録).

Mine, C., & Saiki, J. (2018). Pavlovian Reward Learning Elicits Attentional Capture by Reward-Associated Stimuli. Attention, Perception, & Psychophysics, 80(5), 1083-1095. doi: 10.3758/s13414-018-1502-2.PubMed】 【Springer

 

国際学会 -Proceedings-

Mine, C., & Saiki, J. (2015). Task-Irrelevant Reward-Learning Elicits Value-Driven Attentional Capture. Journal of Vision, 15(12), 1345. 

Mine, C., & Saiki, J. (2016). Reward Prediction is Necessary for Value-Driven Attentional Capture. Journal of Vision, 16(12), 94.

Mine, C., & Saiki, J. (2016). Value-Driven Attentional Capture Occurs in Response Inhibition. International Journal of Psychology, 51, 198.

Mine, C., & Saiki, J. (2018). Feature Visibility is Necessary in Reward-Based Attentional Capture. Journal of Vision, 18(10), 1247.


国内学会 -論文集・抄録-

峯知里・杉尾武志. フランカー課題による価値駆動的な注意メカニズムの検討. Technical Report on Attention and Cognition,No.8,2014年.

峯知里・杉尾武志. フランカー課題による価値駆動的な注意メカニズムの検討. 日本認知心理学会第12回大会発表論文集,pp.154,2014年.

峯知里・齋木潤. フランカー課題における注意制御が報酬学習に及ぼす影響. 日本心理学会第78回大会発表論文集,pp.XXX,2014年.

峯知里・齋木潤. 課題非関連な刺激特徴と報酬の連合が価値駆動的に注意を捕捉する. Technical Report on Attention and Cognition,No.12,pp.24-25,2015年.

峯知里・齋木潤. 注意を捕捉する価値の連合学習. 日本認知心理学会第13回大会発表論文集,pp.33,2015年.

峯知里・齋木潤. 価値ベースの注意と課題遂行の関連性. 日本心理学会第79回大会発表論文集,pp.XXX,2015年.

峯知里・齋木潤. 報酬予測行動中の特徴提示がValue-Driven Attentional Captureを生じさせる. Technical Report on Attention and Cognition,No.13,2016年.

峯知里・齋木潤. 課題に関連する処理が価値駆動的な注意捕捉を生じさせる. Technical Report on Attention and Cognition,No.11,2017年.

峯知里・齋木潤. 報酬連合刺激の見えが価値駆動的な注意捕捉の生起に及ぼす影響. Technical Report on Attention and Cognition,No.5,2018年.

峯知里・齋木潤. 報酬連合刺激に対する空間的注意の持続性. 日本認知心理学会第16回大会発表論文集,pp.XXX,2018年.

峯知里・Michel Failing・Jan Theeuwes. 報酬と連合された「位置」が眼球運動を駆動する. 日本心理学会第82回大会発表論文集,pp.XXX,2018年.

 

 

国際学会 -発表-

Mine, C., & Saiki, J. Task-irrelevant reward-learning elicits value-driven attentional capture. Vision Sciences Society Meeting, 63.4036, St. Pete Beach, FL, USA, 15 - 20 May, 2015.

Mine, C., & Saiki, J. Value-driven attentional capture was observed in task-irrelevant stimulus-reward association. Satellite Symposium of the 38th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society. Japan-China Joint Symposium “Understanding Cortical Cognitive Functions”, P-09 (pp.35), Kyoto, Japan, 1 August, 2015

Mine, C., & Saiki, J. Reward prediction is necessary for value-driven attentional capture. Vision Sciences Society Meeting, 23.4015, St. Pete Beach, FL, USA, 13 - 18 May, 2016.

Mine, C., & Saiki, J. Value-Driven Attentional Capture occurs in response inhibition. The 31st International Congress of Psychology, PS27A-02-11, Yokohama, Japan, 24 - 29 July, 2016.

Mine, C., & Saiki, J. Synchronization of feature and response is necessary for value-driven attentional capture. Social Cognitive Biology on Representation of Environment (SPIRITS symposium), Kyoto, Japan, 31 July, 2016.

Mine, C., & Saiki, J. The knowledge of stimulus-response mapping, not feature-reward association, induces value-driven attentional capture. The 24th Annual Workshop on Object Perception, Attention, and Memory (OPAM), 43, Boston, USA, 17 November, 2016.

Mine, C., & Saiki, J. Feature Visibility is Necessary in Reward-Based Attentional Capture. Vision Sciences Society Meeting, 63.302, St. Pete Beach, FL, USA, 18 - 23 May, 2018.


国内学会(研究会)-発表-

<ポスター発表>

峯知里・杉尾武志. フランカー課題による価値駆動的な注意メカニズムの検討. 日本認知心理学会第12回大会,P4-26,宮城県仙台市(仙台国際センター),2014年6月28 - 29日.

峯知里・齋木潤. フランカー課題における注意制御が報酬学習に及ぼす影響. 日本心理学会第78回大会,1EV-1-084,京都府京都市(同志社大学 今出川キャンパス),2014年9月10 - 12日.

峯知里・齋木潤. 課題非関連特徴が価値駆動的に注意を捕捉する.日本基礎心理学会第33回大会,1A16,東京都八王子市(首都大学東京 南大沢キャンパス),2014年12月6 - 7日.

峯知里・齋木潤. 価値ベースの注意と課題遂行の関連性. 日本心理学会第79回大会,1P-070,愛知県名古屋市(名古屋国際会議場),2015年9月22 - 24日.

峯知里・齋木潤. 処理の水準が価値駆動的な注意捕捉に与える影響. 日本基礎心理学会第34回大会,1A17,大阪府東大阪市(大阪樟蔭女子大学 小阪キャンパス),2015年11月28 - 29日.

峯知里・齋木潤. 刺激と反応のマッピングに関する知識が価値駆動的な注意捕捉を生じさせる. 日本基礎心理学会第35回大会,1PM06,東京都杉並区(東京女子大学),2016年10月29 - 30日.

峯知里・齋木潤. 価値駆動的な注意捕捉 -報酬連合刺激への意識的な気付きの必要性-. 日本基礎心理学会第36回大会,1-27,大阪府茨木市(立命館大学 大阪いばらきキャンパス),2017年12月1 - 3日.

峯知里・齋木潤. 報酬連合刺激に対する空間的注意の持続性. 日本認知心理学会第16回大会,pP2-051,大阪府茨木市(立命館大学 大阪いばらきキャンパス),2018年9月2 - 3日.

峯知里・Michel Failing・Jan Theeuwes. 報酬と連合された「位置」が眼球運動を駆動する. 日本心理学会第82回大会,2PM-58,宮城県仙台市(仙台国際センター),2018年9月25 - 27日.


<口頭発表>

峯知里杉尾武志. フランカー課題による価値駆動的な注意メカニズムの検討. 第12回注意と認知研究会,愛知県名古屋市(ホテルサンルートプラザ名古屋),2014年3月2 - 4日.

峯知里・齋木潤. 課題非関連な刺激特徴と報酬の連合が価値駆動的に注意を捕捉する. 第13回注意と認知研究会,愛知県名古屋市(ホテルサンルートプラザ名古屋),2015年3月15 - 17日.

峯知里・齋木潤. 注意を捕捉する価値の連合学習. 日本認知心理学会第13回大会,O-3-2-5,東京大学(本郷キャンパス),2015年7月4 - 5日.

峯知里・齋木潤. Value-driven attentional capture - 生起要因の検討 - . 日本基礎心理学会第34回大会サテライトオーラルセッション,大阪府東大阪市(大阪樟蔭女子大学 小阪キャンパス),2015年11月27日. 

峯知里・齋木潤. 報酬予測行動中の特徴提示がValue-Driven Attentional Captureを生じさせる. 第14回注意と認知研究会,愛知県名古屋市(ホテルサンルートプラザ名古屋),2016年3月13 - 15日.

峯知里・齋木潤. 課題に関連する処理が価値駆動的な注意捕捉を生じさせる. 第15回注意と認知研究会,愛知県名古屋市(ホテルサンルートプラザ名古屋),2017年3月5 - 7日.

峯知里. 価値駆動的な注意捕捉における特徴・反応・報酬の時間的関係性.日本心理学会第81回大会,福岡県久留米市(久留米シティプラザ),2017年9月20 - 22日.

峯知里・齋木潤. 報酬連合刺激の見えが価値駆動的な注意捕捉の生起に及ぼす影響. 第16回注意と認知研究会,愛知県名古屋市(ホテルサンルートプラザ名古屋),2018年3月4 - 6日.

 

話題提供(その他研究会・シンポジウム等)

峯知里・杉尾武志. 価値駆動的な注意捕捉の文脈特性. 関西若手実験心理学研究会合宿研究会,京都大原山荘,2013年8月30 - 31日.

峯知里・齋木潤. 価値駆動的な注意捕捉 -課題非関連な刺激特徴と報酬の連合-. 第28回関西若手実験心理学研究会,京都大学こころの未来研究センター,2015年1月31日.

Mine, C. Attention and Reward: Pavlovian reward learning elicits attentional capture by reward-associated stimuli. Talk given at International Workshop on Memory and Cognition in Context, Kyoto University, Kyoto, Japan, 10 February, 2018

 

受賞

峯知里. 同志社大学育英賞(学術,主席),同志社大学文化情報学部,2011年.

峯知里・杉尾武志. 学会学部学生ポスター発表会優秀賞, 同志社大学文化情報学会, 2014年1月.

峯知里・齋木潤. 日本基礎心理学会第33回大会優秀発表賞,首都大学東京,2014年12月. 

峯知里・齋木潤. 日本基礎心理学会第35回大会優秀発表賞,東京女子大学,2016年12月19日.