研究分野 

・実験心理学

・認知心理学

・視覚認知


キーワード

・視覚的注意

・注意捕捉

・報酬

・学習


研究手法  

・行動実験

・眼球運動計測


研究テーマ

 私たちは外界に存在するたくさんの情報を主に視覚によって認識しています。しかし,私たちが一度に処理することができる情報量には限界があるため,情報を取捨選択する必要があります。視覚的注意はこうした情報の取捨選択を行う一つの認知システムであり,私たちが行動をうまく制御するための重要な働きを担っています。

 視覚的注意は,従来の研究からトップダウン(目標志向的)やボトムアップ(刺激駆動的)のメカニズムによって制御されていることが示されてきました。さらに近年,これら2つのメカニズムに加えて,私たちの過去の経験(例:報酬を伴う経験)が視覚的注意に影響を及ぼすことが明らかにされています。

 私は,こうした過去の経験が現在の注意選択に及ぼす影響の解明を目指し,実験心理学的な検討を行っています。