JAPANESE  or  ENGLISH

a

NEWS!  (Last Updated: 3 December 2018)

 

2018 1130-1202   日本基礎心理学会第37回大会 にて「報酬に基づく注意は目標に基づく注意をモデュレートする」に関するポスター発表を行いました(発表日:12月1日)。

2018 0925-27   日本心理学会第82回大会 にて「報酬と連合された「位置」が眼球運動を駆動する」に関するポスター発表を行いました(発表日:9月26日)。

2018 0901-02   日本認知心理学会第16回大会 にて「報酬連合刺激に対する空間的注意の持続性」に関するポスター発表を行いました(発表日:9月2日)。

2018 0518-23   Vision Science Society 2018 にて「Feature Visibility is Necessary in Reward-Based Attentional Capture」に関するポスター発表を行いました(発表日:5月23日)。

2018 0304-06   第16回注意と認知研究会にて「報酬連合刺激の見えが価値駆動的な注意捕捉の生起に及ぼす影響」に関する口頭発表を行いました(発表日:3月4日, セッション2「注意の捕捉」)。

2018 0223   Another paper on value-driven attentional capture has just been accepted for publication in Attention, Perception, & Psychophysics, with the title "Pavlovian Reward Learning Elicits Attentional Capture by Reward-Associated Stimuli".  We thank Dr. Berno Bucker (VU Amsterdam), the anonymous reviewers for valuable comments and suggestions, and Sandy (UNSW Sydney) for your great help with Bayesian analysis! 

2018 0210   International Workshop on Memory and Cognition in Contextにて「Attention and Reward: Pavlovian reward learning elicits attentional capture by reward-associated stimuli」に関する口頭発表を行いました。

2017 1201-03   日本基礎心理学会第36回大会にて「価値駆動的な注意捕捉 -報酬連合刺激への意識的な気づきの必要性-」に関するポスター発表を行いました。

2017 0920-22   日本心理学会第81回大会(公募シンポジウム「注意」)にて「価値駆動的な注意捕捉における特徴・反応・報酬の関係性」に関する口頭発表を行いました。

2017 0419-0904   Visiting researcherとして,Vrije Universiteit Amsterdam (VU) に留学しました(Advisors: Prof. Jan Theeuwes and Dr. Michel Failing)。

2017 0305-07   第15回注意と認知研究会にて「課題に関する処理が価値駆動的な注意捕捉を生じさせる」に関する口頭発表を行いました。

2016 1209   日本基礎心理学会第35回大会にて優秀発表賞を受賞いたしました。評価してくださいましたみなさまに感謝いたします。

2016 1117   The 24th Annual Workshop on Object Perception, Attention, and Memory (OPAM) にて「The knowledge of stimulus-response mapping, not feature-reward association, induces value-driven attentional capture」に関するポスター発表を行いました。

2016 1029-30   日本基礎心理学会第35回大会にて「刺激と反応のマッピングに関する知識が価値駆動的な注意捕捉を生じさせる」に関するポスター発表を行いました。

2016 0731  Social Cognitive Biology on Representation of Environment (SPIRITS国際シンポジウム「環境理解の社会認知生物学」)にて「Synchronization of feature and response is necessary for value-driven attentional capture」に関するポスター発表を行いました。

2016 0724-29  The 31st International Congress of Psychology 2016にて「Value-Driven Attentional Capture occurs in response inhibition」に関するポスター発表を行いました。

2016 0513-18  Vision Science Society 2016 にて「Reward prediction is necessary for value-driven attentional capture」に関するポスター発表を行いました。

2016 0313-15   第15回注意と認知研究会にて「報酬予測行動中の特徴提示がValue-Driven Attentional Captureを生じさせる」に関する口頭発表を行いました。

2015 1128-29   日本基礎心理学会第34回大会にて「処理の水準が価値駆動的な注意捕捉に与える影響」に関するポスター発表を行いました。

2015 1127   日本基礎心理学会第34回大会サテライトオーラルセッションにて「Value-driven attentional capture - 生起要因の検討 -」に関する発表を行いました。